他の業種の転職サイトとの違い

0101

看護師の転職サイトといっても、いまでは多種多様のサイトが増えてきました。転職サイトを利用する人には条件が存在します。

給与、人間関係、勤務地、通勤時間など。看護師の転職で他の業種とは異なるところがあります。転職をするほど、経験が積め、仕事が出来ると判断されるという点です。

サイトによってはこれまでのキャリア、スキルや適性、さらに将来への志向性を考慮した上で、豊富な求人データの中から厳選して求人を紹介してくれます。

また、業界や求人企業に関する情報やキャリアプランニングのお手伝いもしてくれます。

また人材業界、医療業界も看護の世界に大変関心が高く現在・将来の売り手市場とにらんでいます。理由として1点目に挙げられる事項は、慢性的な人手不足です。

2010年11月に厚生労働省でおこなわれた「第7次看護職員需給見直しに関する検討会」から、現在の看護職員はおよそ5万6,000人も不足していることが明らかになりました。第二の理由として、日本の高齢化です。少子化が進む昨今、10年後には4人に1人が高齢者となる時代。

介護分野とともに看護師の必要性が叫ばれています。第三の理由は日本の医療技術を世界に広めていこうという動きが出ており、経済産業省が進めています。

20年ほど前までは、看護師といえば看護学校や専門学校を卒業し10代~20歳ほどで看護師デビューをするものがほとんどでしたが、情勢のキャリア志向に伴い各大学で看護学部、看護学科の増設が相次いでいます。

そのため、キャリア志向、リーダーとして働きたい看護師たちが転職を志している一因となっている。”

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る