病院だけが職場でない

0305

看護師の転職において、昨今その職場環境にも変化が見え始めています。

病院で働く看護師の割合は、年々低下しており、2010年の調査では71.6%でした。診療所や訪問介護ステーションまで含めれば、約9割近くは医療分野ですが、それ以外にも看護師が求められる場所があります。

医療機関の求人に比べれば、圧倒的に少ないですが、昨今その職場環境として人気が高まっているのは、一般企業での求人です。

中でも多いのは、製薬会社で治験を監督する臨床開発モニター(CRA)、薬剤の開発業務受託機関で被験者との間で実際に治験を進めていくコーディネーター(CRC)という職種です。いずれの職種も病院に出入りするので、看護師としての経験も生かせます。

ただし、病院とは勝手が違い、デスクワークも多く、薬も医療機器も患者さんのためと言っても、患者さんと触れ合う機会がありません。

このほかにも、産業看護師として医務室や診療所などで働く方法もあります。診療所では、診療補助や応急処置などの看護業務、医務室では従業員の健康チェックのほか、健康診断の管理などに携わります。

企業勤務は、病院勤務とは違い、夜勤や交代勤務がなく、休日は休めるので、時間に追われるストレスは軽減されます。 ワーク・ライフ・バランスを重視する場合は、働きやすい職場環境です。

現在全国におよそ50万人はいるといわれている「潜在看護師」の転職先として今後その割合は増加するといえます。”

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る