転職によるメリット

0201

職場への不満、人間関係の不信、福利厚生や給料の待遇の悪さから転職を考えることはどの業界にもあることですが、とくに労働環境が問題視されている医療業界の看護師の転職についてそのメリットを書きます。

看護師が他病院へ転職する場合、病院側からのメリットは人手不足の中、経験を積んだ看護師が自分の病院に来てくれるということです。

また日本は超高齢社会であり医療を必要としている人は沢山おり、仕事内容の過酷さから求職者が少ないということもあり退職後求人がないという心配がありません。

看護師は引く手あまたの仕事なので、よりよい労働環境の職場に就く事ができるというのもメリットです。また職場の人間関係で悩んでいた場合、人間関係をリセットし再就職がかなえば、新たに人間関係を築けるチャンスになります。

看護師の働き先は病院のほか、クリニック・訪問看護ステーション・介護施設・学校・企業・医療/治験コーディネーターなどがあります。

看護師の資格を持ち且つ看護師としての仕事の経験がある人材は雇用側にとってもなんとしても欲しい人材です。そのため転職先では優遇され、勤務時間・夜勤の頻度・働きたい科などの交渉に応じてくれます。

さらに、転職活動自体にもメリットがあります。看護師専門の転職エージェントや求人サイトには看護師転職支援金制度を導入しているところが多く、そこから転職支援金を支給してもらえます。

さらに晴れて新しい職場に就くことができるようになると、祝い金まで支給するという転職エージェントもあります。看護師という人材はお金を掛けてでも欲しい人材であるということです。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る