転職先の選択肢

0302

看護師の転職は、他の職種に比べ割合が多いと言われています。看護師の仕事と言うと夜勤が多く、進化していく医療機器についても把握しておく必要があり、患者の容態が急変した場合、即座に対応しなくてはなりません。

そのため、ゆとりのある生活を求める人や、勤め先や対人関係などへの不満をもつ看護師は転職を考えるようになります。転職と言っても他の職種に変わるのではなく、看護師としてのスキルアップやさらなる資格取得を目指したり、福利厚生など、今の職場よりもより良い環境の職場を求めて転職をする人も多数います。

他の職種での転職というと、企業側としては良いイメージで捉える所は多くなく、偏見を持たれるケースもありますが、看護師の転職はプラスに捉えられる事が多いです。というのも、様々な職場で色々な経験を積んできた、経験豊富で優秀な看護師として評価されるからです。

また、看護師は全国的に人手不足の問題を抱えており、今後高齢化により病院を利用する患者が増えていく事が予想される中、病院も多くの看護師を採用したいと考えます。こういった背景もあり、看護師の需要は高まっていますが、一般的な年収というのは年々減少傾向にあります。

そんな状況で、転職エージェントでは転職支援金を支給している所もあります。金額についてはそれぞれですが、看護師で転職を考えている方は、こういった支援金を活用するという方法もあり、また、看護師の求人では夜勤だけのアルバイトもあるので、無理のない形で収入減を補うという方法もあります。

転職する場合は高収入を重視して決めるのではなく、副収入等も含めて自身が納得出来るかどうかを考える事が大切です。看護師の転職は、柔軟な発想が必要だとも言えます。”

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る